苦しむ王者…川崎F 1点遠く4戦連続勝利なし

[ 2019年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   川崎F0―1G大阪 ( 2019年3月17日    等々力 )

<川崎F・G大阪>敗れた川崎Fイレブンが肩を落とし、G大阪イレブンと握手する(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 川崎Fは1点が遠く、13年シーズン以来のリーグ戦開幕4試合勝ちなしとなった。

 Jリーグ発足後、前年度優勝チームが開幕4戦を経過して白星がないのは、96年の横浜以来2チーム目。鬼木監督が「人数のかけ方がうまくいかずに得点にならなかった。安定したボールの持ち方ができていない」と話したように、ボールは保持していても厚みのある攻撃はわずか。逆にワンチャンスを決められた。日本代表に選出されたMF守田は、ベンチ入りした試合では昨年4月28日の神戸戦以来の出場なしだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース