札幌 鹿島に完敗…“新エース”武蔵封じられ3連勝ならず

[ 2019年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   札幌1―3鹿島 ( 2019年3月17日    札幌ド )

<札幌・鹿島>後半、積極的に攻めるも鹿島DFに阻まれる鈴木(中央)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 3連勝ならず――。札幌は17日、札幌ドームで鹿島と対戦し、1―3で完敗した。3点リードを追う後半40分、日本代表に初選出されたFW鈴木武蔵(25)のアシストから一矢報いたが、2戦連続得点中だった鈴木からゴールは生まれず勝利に導けなかった。鈴木はきょう18日、日本代表に合流する。

 初のフル代表選出で乗りに乗る鈴木が封じられた。直近2試合で3得点も、この日はゴールネットを揺らすことができず、チームも今季本拠地初黒星を喫した。

 「失点した後に少し慌てた部分があって、引いたブロックを崩せなかった」。鈴木が振り返ったように、前半からスペースを消された。持ち味である裏に抜ける動きが封じられ、効果的な縦パスも入らない。「慌ててボールを(前線に)打ち込む場面が多かった。自分たちの我慢が足りなかった」。前半12、23分と鹿島FW伊藤に、後半31分にはカウンターからMFレアンドロに決められ、鹿島の底力に屈した。

 鈴木とともに今回、日本代表に初選出された鹿島DF安西は、1アシストに加えて90分間通して札幌の脅威になり続けた。それに対して鈴木は、後半40分には高い打点から頭でFWロペスのゴールをアシスト。試合終了間際にもDF福森の完璧なクロスに頭で合わせてゴールを脅かしたが、「後半の最後に決定機があった。もっと最初の方からあれば」。不完全燃焼を悔やんだ。

 置き土産の勝利は残せなかったが、18日から日本代表合宿に合流する。「(リオデジャネイロ)五輪が終わって初めて代表のユニホームを着る。試合に出たら思う存分やりたい」。この日の悔しさは日の丸を背負って戦う舞台で晴らす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース