手倉森監督が視察 リオ戦士見守り「あと3試合あるからケガ心配」

[ 2016年7月3日 05:30 ]

<仙台・川崎>試合を視察するU23日本代表・手倉森監督(左)

 リオ五輪日本代表の手倉森監督が仙台―川崎F戦を視察した。前日リオ五輪代表の18人を発表したばかり。さっそくMF原川、MF大島と2人の代表選手を抱える川崎Fのチーム関係者に、あいさつしていた。

 手倉森監督は「あと3試合あるからケガだけが心配」と話したが、得点に絡んだ大島のプレーに安心したのか、後半途中でスタジアムを後にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年7月3日のニュース