J1最下位の福岡、W杯2度出場のDF駒野がレンタル加入「J1残留を」

[ 2016年7月3日 19:42 ]

福岡が獲得したFC東京で元日本代表DF駒野

 J1福岡は3日、J1のFC東京から元日本代表DF駒野友一(34)が期限付き移籍で加入すると発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日まで。なお、駒野は契約により期限付き移籍期間中にFC東京と対戦するすべての公式戦に出場できない。背番号は24に決定。福岡には5日の練習から合流する。

 駒野は広島ユースから2000年にトップチームへ昇格し、08年に磐田へ移籍。FC東京へは今季加入したが、ここまでJ1リーグ戦1試合0得点にとどまっていた。リーグ戦の通算成績はJ1が362試合18得点、J2が87試合4得点、J3が4試合0得点。日本代表として06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会と2度のワールドカップ(W杯)に出場するなど国際Aマッチ通算78試合に出場して1得点。U―23日本代表として04年アテネ五輪にも出場している。

 駒野は福岡を通じ、「はじめまして、駒野友一です。福岡の目標であるJ1残留に向けて、自分の持っている力を出し切って貢献したいと思っています。よろしくお願いします」と短くコメント。

 FC東京を通じては「半年間という短い期間でしたが、応援していただきありがとうございました。怪我が続いてしまい、チームに迷惑を掛けてしまったという思いが強いです。今回、期限付き移籍という決断をしたからには、福岡のJ1残留という目標に向けて頑張りたいと思います。本当にありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年7月3日のニュース