FW浅野、名門アーセナル移籍決定!クラブ間合意 J出場はあと3試合

[ 2016年7月3日 19:14 ]

アーセナルに移籍する広島・浅野

 J1広島は3日、日本代表FW浅野拓磨(21)がイングランド1部リーグの名門アーセナルへ完全移籍することでクラブ間合意に達したと発表した。現地でのメディカルチェック後、正式契約となる。

 浅野は四日市中央工高3年時に全国高校選手権で得点王となり、同校の準優勝を引っさげ2013年に広島入り。3年半でJ1リーグ戦通算55試合に出場して10得点をマークし、今季から背番号10も背負っていた。日本代表としても国際Aマッチ5試合1得点の数字を残し、8月に行われるリオデジャネイロ五輪メンバーに選出されている。

 クラブを通じてコメントを発表。「今まで成長してこられたのは、サンフレッチェ広島での3年半という時間の中で、たくさんのことを経験できたからだと思っています。かかわってくれたすべての方の応援やサポートに感謝しています。僕はさらに高みを目指して、どんどん挑戦していきますので、引き続きサポートしていただけたらうれしいです。皆さんに少しでも笑顔になっていただけるように、もっともっと頑張ります。これからも応援をよろしくお願いいたします」と意気込んだ。

 浅野は7月17日に行われる明治安田生命J1リーグ第2ステージ第4節・横浜戦(Eスタ)まで広島でプレー。横浜戦の試合終了後に壮行セレモニーを行う。

 アーセナルはリーグ優勝13回の強豪で、指揮を執るのはかつて名古屋でも指揮を執ったアーセン・ベンゲル監督(66)。過去にはMF稲本潤一(現J2札幌)やFW宮市亮(現ザンクトパウリ)が在籍していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年7月3日のニュース