C大阪、今季初5連勝 今季最多5発で山口蛍復帰戦飾る

[ 2016年7月3日 20:22 ]

<J2、熊本・C大阪>前半35分、ゴールを決め喜ぶC大阪・リカルド・サントス

明治安田生命J2第21節 C大阪5―1熊本

(7月3日 うまスタ)
 明治安田生命J2リーグは3日、各地で第21節が行われ、85日ぶりに使用が再開された熊本のホーム「うまかな・よかなスタジアム」に乗り込んだアウェーのC大阪が5―1で大勝。独ハノーバーから半年ぶりに戻った日本代表MF山口蛍の復帰戦を今季最多得点で飾り、今季初の5連勝で勝ち点を43に伸ばし2位をキープした。

 C大阪は1点を追う前半13分、杉本のシュートを最後は清原が押し込んでまず同点。25分にはリカルド・サントスの突破でPKを獲得し、これを27分にブルーノ・メネゲウが決めて2―1と勝ち越し。リカルド・サントスの突破を阻止しようとした薗田がペナルティーエリア内で手を使ったとして一発退場となりC大阪が数的優位に立ったこともあって、35分にはリカルド・サントスが自らのシュートのハネ返りを冷静に仕留めて3―1で前半を折り返した。

 後半に入っても数的優位を生かして猛攻が続いた。後半19分には杉本がミドル弾を突き刺すと、ロスタイム突入後の46分にはスルーパスに反応した田中のシュートを最後はリカルド・サントスが押し込んで今季最多5ゴール。実に21本ものシュートを放っての大勝となった。

 同点弾を決めた清原は「早めに同点に追いつけたということで、チームにいい流れを与えられたかとなと思っています」と試合を振り返りつつ「同じサッカーをするファミリーとして、熊本の震災後初めてここでやるということで、一緒に大きな一歩を熊本のチームと踏み出せたと思うので、ここで試合ができたことをうれしく思います。ピッチで闘う姿勢を表現して、セレッソのサポーターと、同じく見に来てくれた熊本の人たちに勇気と希望を与える熱い試合ができたと思う」と静かに話した。

 同点PKを獲得し、自ら2ゴールと3得点に絡んだリカルド・サントスは「地震があったので、その人たちのために頑張ってやろうという気持ちと、試合なので勝利を目指して臨んだ」とし、「2得点決められたし、チームも勝った。内容的にも良かったので良かった」と5発大勝での5連勝を控えめに喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年7月3日のニュース