ギグス氏がマンU退団 監督目指し「新しい挑戦の時だ」

[ 2016年7月3日 01:20 ]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドは2日、コーチを務めていた42歳の元ウェールズ代表、ライアン・ギグス氏が退団すると発表した。14歳のころからクラブ一筋で、選手として13度のプレミアリーグ制覇や2度の欧州チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。

 マンチェスターUにはジョゼ・モウリーニョ監督の就任が決まっており、監督を目指すギグス氏は「新しい挑戦の時だ。このチームから離れるのは大きな決断だった」とコメントした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年7月3日のニュース