仙台 開幕ダッシュならず悔やむ前半失点「厳しい試合になった」

[ 2016年7月3日 05:30 ]

明治安田生命J1第2S 仙台0―3川崎F

(7月2日 ユアスタ)
 0―3の完敗に、仙台の選手はガックリと肩を落とした。第1Sは7勝2分け8敗で10位。第2Sでの巻き返しに向け、開幕ダッシュを狙っていたが、川崎Fの分厚い攻めになすすべもなかった。

 MF梁勇基は「2点先に取られて厳しい試合になった。後半はある程度できたが…」と前半の2失点を悔やんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年7月3日のニュース