クラブ初五輪戦士 福岡DF亀川が攻守で存在感示す

[ 2016年7月3日 05:30 ]

<福岡・浦和>DF亀川のリオ五輪出場の祝福の大断幕がサポーターから贈られた

明治安田生命J1第2S第1節 福岡1―2浦和

(7月2日 レベスタ)
 クラブ初の五輪戦士となった福岡DF亀川に「亀川諒史 祝 リオ五輪選出おめでとう」とサポーターから祝福の横断幕が掲げられた。

 試合では攻守で存在感を示し、後半31分にはゴール前まで持ち込んだが得点に結びつけることはできなかった。1―2の逆転負けという結果に「勝ち点3を取れた試合だった。五輪前、残り3試合MAX勝ち点9を取れるようやっていきたい」と切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年7月3日のニュース