柿谷、先発も前半のみで交代 1トップでシュート1本じゃあ…

[ 2014年6月8日 05:30 ]

<日本・ザンビア>前半、ダイビングヘッドシュートを放つ柿谷

国際親善試合  米国・タンパ

(6月6日 日本4―3ザンビア)
 1トップとして2試合ぶりに先発したFW柿谷は結果を残すことはできなかった。前半39分に山口の縦パスをトラップミス。45分には長友の鋭いクロスを頭で合わせたが、これはゴール右へと外れた。終わってみれば、シュートはこの1本だけ。コスタリカ戦に続く2戦連発とはならず、ハーフタイムにFW大久保との途中交代を告げられた。

 「90分間を通して逆転できたことは良かった。一つになって戦えたと思う」とチームとしての逆転勝利を喜んだものの、最前線で攻撃の起点にはなれなかった。本田や香川らとの連係も不完全で、好機に絡む回数は少なかった。「もっと速くパスをもらえていれば…というのはあった」と自身の反省点を語った背番号11。ポジションを争う大久保が存在感を発揮しているだけに、先発の座を勝ち取るには奮起が必要だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月8日のニュース