カズ 試合展開を評価「いいシミュレーションになった」

[ 2014年6月8日 05:30 ]

国際親善試合  米国・タンパ

(6月6日 日本4―3ザンビア)
 J2横浜FCのカズが日本代表のザンビア戦について「本番に向けていいシミュレーションになった」と前向きに捉えた。

 先制されながら逆転し、追いつかれても突き放す展開に「最高の練習試合。短い時間でもいろいろな選手を試せた」と満足げ。親交の深い香川も得点し「枠に入れるのが大事だとあらためて教えられた感じ」と話した。

 カズはこの日の長崎戦は左足付け根痛のため欠場。12日にJFAアンバサダーとしてブラジルに向けて出発する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月8日のニュース