森重は途中出場 「モリゲターン」で代表初アシスト

[ 2014年6月8日 05:30 ]

<日本・ザンビア>後半、必死にディフェンスする森重

国際親善試合  米国・タンパ

(6月6日 日本4―3ザンビア)
 DF森重が代表初アシストを決めた。5試合ぶりに先発を外れたが、後半15分に今野に代わって途中出場。30分に前線に攻め入りペナルティーエリア内での左足のフェイントで相手DFを抜き去ると、最後は右足クロスで本田に合わせた。

 もともとFW出身で足元の技術には定評がある。コンビを組む吉田はモリゲというあだ名にちなんで「モリゲターン」と命名。「ターンはしびれましたね。アグレッシブな中で自分のスキルを要所に出せる」とプレーを絶賛していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月8日のニュース