西川、5戦ぶり先発出場もアピールできず「悔しい」3失点

[ 2014年6月8日 05:30 ]

<日本・ザンビア>前半、2点目を奪われるGK西川

国際親善試合  米国・タンパ

(6月6日 日本4―3ザンビア)
 GK西川は昨年11月16日の親善試合オランダ戦以来5試合ぶりの先発となったが、3失点を喫した。

 浦和でリーグ5試合連続完封中と波に乗っていた西川は「W杯前最後の試合で出番があるかもとは思っていた。体とメンタルの準備は万全だった」と話していたが、チームを救うセーブは見せられず。正守護 神・川島の牙城を崩すまでには至 らなかった。

 10年南アフリカ大会は川口(現J2岐阜)がサプライズ選出されたために予備登録止まり。悲願のW杯ピッチへ向けたチャンスをつかむべく、安定した足元の技術は披露した。だが、「1点目はクロスが相手の足に当たって自分のタイミングで飛び出すことができなかった。3点目も(山口の)足に当たっているけ ど、自分の手にも触れていた。はじき出せなかったのが悔しい」と不運な形での失点もあり、アピールできなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月8日のニュース