大迫、途中出場も不発「タイプ的に途中からの選手ではない」

[ 2014年6月8日 05:30 ]

国際親善試合  米国・タンパ

(6月6日 日本4―3ザンビア)
 FW大迫は後半15分から1トップで途中出場。前線でタメをつくり、出場後に3得点が生まれたが、自身は不発に終わった。

 トップ下の本田と違う方向への動きを意識するなど周囲との連係を重視。国際Aマッチで出場4試合得点から見放されたまま、W杯を迎えることになり、「自分はタイプ的に途中からの選手ではないと思っている。ゴール前での感覚をもっといい状態にしたい。最後の落ち着きとかですかね」とフィニッシュの精度を課題に挙げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月8日のニュース