山形 DF西河が左腓腹筋肉離れで全治4週間

[ 2014年6月8日 16:08 ]

 J2山形は8日、DF西河翔吾(30)が左腓腹筋肉離れで全治4週間と診断されたと発表した。6月5日の練習中に負傷し、6日に山形市内の病院で検査を受けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月8日のニュース