ザックJ イトゥで歓迎式 日系人の子供たちから花束

[ 2014年6月8日 23:22 ]

イトゥで行われた歓迎セレモニーで、地元の子供たちから贈られた記念品を手にするザッケローニ監督(右)と長谷部

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する日本代表のベースキャンプ地となるイトゥで8日、現地関係者による歓迎セレモニーが行われ、ザッケローニ監督と主将の長谷部(ニュルンベルク)が地元の日系人の子供から激励の花束を受け取った。

 セレモニーには代表選手がユニホーム姿などで出席。地元の子供たちが伝統の踊りで歓迎すると、手拍子で応じて盛り上がった。ザッケローニ監督はお礼として、イトゥ市長に日本代表のユニホームを手渡した。

 7日夜に現地入りしたチームはイトゥを拠点に調整する。14日(日本時間15日)にはコートジボワールとの1次リーグC組初戦を迎える。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年6月8日のニュース