完敗認める原専務理事「イラクは強い。妥当な結果」

[ 2014年1月21日 18:02 ]

イラクに敗れ、スタンドに頭を下げる(手前から)金森、荒野、川口、中島ら日本代表
Photo By スポニチ

U―22アジア選手権準々決勝 日本0―1イラク

(1月20日 オマーン・マスカット)
 日本サッカー協会の強化担当技術委員長を兼ねる原専務理事は「イラクは強い。妥当な結果だと思う」と完敗を認めた。

 次回大会がリオデジャネイロ五輪予選を兼ねる予定のため、これまでよりも早く監督を選んだ。「監督がアジアとの戦いを肌で感じられたのは大きかった。早くスタートできたということ」と収穫も強調した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年1月21日のニュース