熱く語るラモス監督「3年の間にみんなを驚かせるチームつくる」

[ 2014年1月21日 16:59 ]

就任記者会見で意気込みを語るJ2岐阜のラモス瑠偉新監督

 J2岐阜の監督就任会見に臨んだラモス新監督は、現役時代さながらの熱を帯びた言葉で思いを語った。

 ―低迷脱却を図る新生岐阜の指揮を執る。

 「いろんな人に大丈夫かと言われたが、必要としてくれたから来た。いろんな人にも来てもらった。しゃぶしゃぶをつくるのにも材料がないとまずくなる。補強しないといけなかった」

 ―岐阜のイメージは。

 「弱いイメージを変えていきたい。プロ意識のある選手が少ない。サポーター、スポンサーに対して死ぬ気でプレーしないといけない」

 ―3年契約。

 「金額より、そこがポイント。3年の間にみんなを驚かせる、子どもたちが憧れるチームをつくりたい。(目標の)10位までいけば昇格に足りないことが見えてくる」

 ―元日本代表の川口、三都主が加入。

 「日本代表の誇りを忘れず、このままプレーしてくれればいい。休暇で来たわけじゃない。やってくれると思っている」

 ―J1昇格のめどは。

 「知っていたら宝くじに当たっている。チャンスがあれば優勝したい。いろんな課題をクリアしないといけないが、上を目指すしかない」

 ―どういうサッカーをするのか。

 「リスクを冒さないと勝てない。面白い4―4―2を考えている。開幕戦を見てほしい」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年1月21日のニュース