GK川口 加入の決め手は「ラモスさん」 さっそく主将に指名

[ 2014年1月21日 19:10 ]

J2岐阜の新体制発表で写真に納まる(左から)三都主アレサンドロ、ラモス瑠偉新監督、川口能活

 J2岐阜の新体制発表が21日に行われ、元日本代表のGK川口能活(38)、MF三都主アレサンドロ(36)らの加入が発表された。

 J2で初めてプレーする川口は「ラモスさんの存在が大きい。熱いハートのもとでプレーしたかった」と加入の理由を挙げた。初練習後にはキャプテンに指名された38歳。「強くなるために何が必要か、チームに伝えたい」と話した。

 36歳の三都主は「チームが変わろうとしているのをすごく感じる」。新監督とは同じブラジル出身で「いいプレーをして、ラモスさんとサポーターを喜ばせたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年1月21日のニュース