イラク 終盤に決勝点、指揮官満足げ「われわれの出来がよかった」

[ 2014年1月21日 09:27 ]

U―22アジア選手権準々決勝 イラク1―0日本

(1月20日 オマーン・マスカット)
 イラクは優位に試合を進めながら逸機が続いたが、終盤にカラフがスピードを生かして決勝点を奪った。シャキル監督は「日本が優勝候補だと考えていたが、われわれの出来がよかった」と満足そうだった。

 昨年のU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で4強入りするなど若手が伸びている。これで1次リーグから4連勝。準決勝に向け「チームはさらによくなる」と自信を示した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年1月21日のニュース