高齢化のコートジボワール代表 南アW杯から平均年齢2歳以上アップ

[ 2014年1月21日 09:01 ]

 ジェルビーニョはインタビューで「日本代表相手に直接プレーしたことは一度もない」と話しているが、実は10年W杯南アフリカ大会直前の日本代表との親善試合に後半28分から途中出場。当時のことを忘れたか、勘違いしていることになる。

 コートジボワール代表の当時のメンバーと、14年W杯ブラジル大会アフリカ最終予選の最後の試合となった昨年11月のセネガル戦を比較すると7人が同じ。平均年齢が26.8歳から28.9歳に2歳以上アップし、“高齢化”が進んでいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年1月21日のニュース