大久保シュート0本…エース対決で完敗 得点王争いでも抜かれる

[ 2013年7月10日 23:19 ]

前半、広島・塩谷(中央)と競り合う川崎F大久保

J1第15節 川崎F2―4広島

(7月10日 Eスタ)
 川崎Fは2点差を追い付きながらも最後は突き放された。シュート0本だったエースの大久保は「自分たちで崩れている。悔しい」と7試合ぶりの敗戦に唇をかんだ。

 大久保はJ1通算100得点にあと1点としていたが、ハットトリックした広島の佐藤に得点王争いで抜かれ「(佐藤)寿人さんは全部素晴らしいゴールだったが、普通のチーム(が相手)ではありえない抜け出しができるので楽かも」と話した。味方の守備陣が崩れたこともあって、自嘲気味だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年7月10日のニュース