菅井 10年前の悔しさ晴らす初ゴール!

[ 2013年7月10日 22:51 ]

J1第15節 仙台1―0大分

(7月10日 大銀ド)
 菅井の今季初ゴールによる1点を守りきり、仙台が5試合ぶりの白星を挙げた。堅いブロックを軸に無失点でしのいだ守備を、手倉森監督は特に評価。「これからの戦いに可能性を感じさせる出来栄えだった」と上機嫌だった。

 大分とリーグ戦で対戦するのは、1―1で引き分けてJ2降格が決まった2003年11月以来だった。当時は大分のコーチだった指揮官だが「(仙台にとって)10年前の悔しさを、晴らすことができたんじゃないか」と胸を張った。03年入団の菅井は「何かあるんでしょうね」と感慨に浸った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年7月10日のニュース