ピクシー 微妙判定に「責めるわけではないが、気分が悪い」

[ 2013年7月10日 22:48 ]

J1第15節 名古屋1―2大宮

(7月10日 NACK)
 名古屋は前半7分、中村が相手DFからボールを奪って先制したが、警戒していたはずのカウンターを浴びて逆転負け。ストイコビッチ監督は反省点を口にした後、「もう一つ言いたいことがある」と微妙な判定に言及した。

 後半20分すぎ、ペナルティーエリア内で矢野が相手に倒されたように見えたが、PKを獲得できなかった。監督は「ミスがあることは理解するが、あの場面をどうにも説明できない。レフェリーを責めるわけではないが、気分が悪い」と顔を引きつらせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年7月10日のニュース