J2熊本、吉田監督解任…HPで異例の「選手たちへ」退任メッセージ

[ 2013年7月10日 15:55 ]

 J2熊本は10日、今季就任した吉田靖監督(52)が退任し、池谷友良社長(51)が暫定的に監督代行を務めると発表した。

 吉田監督は浦和などでコーチを務め、07年には柏木(現浦和)ら“調子乗り世代”を率いてU―20W杯カナダ大会に出場。昨年までU―19日本代表チームの監督を務め、今年から熊本の監督に就任していたが、今季ここまで5勝7分け11敗で勝ち点22。現在は7試合連続勝ちなしで、22チーム中19位に沈んでいた。

 吉田監督はクラブの公式ホームページでコメントを発表。「サポーターの皆様へ」と題して「いつも熱い応援をしていただき、ありがとうございました。結果を残すことができず、申し訳なく思っています。どんな時も温かい応援をしていただいたことに感謝しています。ありがとうございます」と声明を出すと、「選手たちへ」と題した異例のメッセージも発表。「シーズン半ばでチームを去ることは心苦しいですが、これからも大変な試合が続くと思います。選手の皆さんにはぜひ頑張ってもらいたい。これからの活躍を応援しています」とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年7月10日のニュース