CSKA指揮官「問題ない」本田仕上がりに太鼓判

[ 2013年7月10日 06:00 ]

 CSKAモスクワのスルツキ監督が8日、MF本田の仕上がりに太鼓判を押した。7日から合流した本田は8日の親善試合ボルガ戦に先発。前半だけで退いて試合も0―0の引き分けに終わったが、指揮官は「彼に関しては問題ない。スーパー杯を戦う準備ができている」と強調し、13日にゼニトと対戦するロシアスーパー杯に向けた最終調整で合格点をつけた。

 本田はACミランとの移籍合意が報じられ、クラブ間交渉の行方次第では今夏中の移籍実現が期待されている。CSKAでのモチベーション低下を懸念する声もある中、スルツキ監督は「少なくとも私は問題があるとは感じていない」と話し、本田のプロ意識を評価した。ロシアリーグは14日に開幕し、連覇を狙うCSKAは17日にウラルと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年7月10日のニュース