酒井 左足首痛め交代「ひねった感じ。たいしたことない」

[ 2012年5月24日 09:27 ]

<日本・トルコ>後半、タックルを受ける酒井。このプレーで負傷交代

トゥーロン国際大会1次リーグA組 日本0―2トルコ

(5月23日 仏イエール)
 左サイドバックで先発した酒井は左足首を痛め、後半9分に退いた。「ひねった感じ。たいしたことはない」と軽症を強調した。

 このチームでの先発出場は昨年9月の五輪アジア最終予選以来で、左サイドで攻撃的な中盤に入った大津とのコンビでトルコ陣内に深く切り込む場面もあった。ドイツ1部リーグのシュツットガルトでは右サイドバックでのプレーが多いが、21歳のDFは「久々に(左を)やった。ボールタッチの感覚はちょっと違うけど、やっていけば大丈夫」と貪欲だった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月24日のニュース