ザック監督決定力不足に秘策「既に彼らに伝えてある」

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<日本・アゼルバイジャン>ベンチから指示を出すザッケローニ監督

キリンチャレンジカップ 日本2-0アゼルバイジャン

(5月23日 エコパ)
 ザッケローニ監督がW杯最終予選に向けチームに苦言を呈した。試合の内容について「準備期間が短かった割に、前半などは何度か素晴らしいプレーがあった」と満足感も示した一方で「ただチャンスの数に比べ得点が少ない。今後はチャンスが少ない中で決めないといけない試合も出てくる」と日本が長年抱える決定力不足を嘆いた。

 ただ、解決策については「選手はそれを知っている。私は既に彼らに伝えてある」とニヤリ。詳しい内容については言及を避けたが「彼らはそれを実践することを私は待っている」と今後の改善に大きな期待を寄せた。「最終予選の初戦まであと準備期間は10日ある。チームの雰囲気も良いし、今のところ良い段階に来ている」と指揮官。「最大の目標」と語るW杯出場へ、準備は整いつつある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月24日のニュース