無得点を悔やむ欧州組 指宿「もっと激しくぶつかってもいい」

[ 2012年5月24日 09:29 ]

<日本・トルコ>後半、パスを出す高木

トゥーロン国際大会1次リーグA組 日本0―2トルコ

(5月23日 仏イエール)
 U―23日本代表初選出の高木と、代表復帰となった指宿が0―1の後半途中に同時に投入された。ワントップに指宿が入り、攻撃的なMFに高木ら4人が並ぶ新布陣で反撃を試みたが、ゴールは遠かった。

 欧州でプレーする2人は無得点だったことを悔やみ、球際の競り合いが課題と指摘。高木は「球際でもっとプレスを速く、というところに慣れていかないと」と話し、指宿も「もっと激しくぶつかってもいい」と、当たり負けしない強さの必要性を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月24日のニュース