長谷部 本職・ボランチで光った先制アシスト

[ 2012年5月24日 06:00 ]

<日本・アゼルバイジャン>相手選手と空中でせりあう長谷部

キリンチャレンジカップ 日本2-0アゼルバイジャン

(5月23日 エコパ)
 長谷部誠は前半のみの出場で収穫と課題を見つけた。

 今季ボルフスブルクでは、右サイドバックでの出場がほとんど。本職のボランチは久々だったが「久しぶりにボランチをやっていい感触もつかめたけど、小さなミスもあった。チームとしていい時間帯は選手間の距離もいい。それを90分間続けたい」と振り返った。不安を抱えていた股関節に関しては不安を一掃した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月24日のニュース