高橋 反省のデビュー戦「このピッチに立てるレベルではない」

[ 2012年5月24日 07:57 ]

<日本・アゼルバイジャン>後半出場の高橋

キリンチャレンジカップ 日本2-0アゼルバイジャン

(5月23日 エコパ)
 高橋の自己評価は「最低」だった。東京学芸大卒のインテリMFは後半からボランチに入り、A代表デビューを飾った。

 本田や細貝から「普段通りに、のびのびやれよ」と声をかけられて、ピッチに立ったという。それでも試合後は「全然ダメっす。自分らしさを出せなかった。止めて、蹴る、もっと突き詰めないと、このピッチに立てるレベルではない。欧州組のレベルの高さを感じた。緊張?超しました」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月24日のニュース