ビジャ 左すね骨折完治せず欧州選手権出場断念

[ 2012年5月24日 06:00 ]

 スペイン代表FWダビド・ビジャ(30=バルセロナ)は22日、欧州選手権(6月8日開幕)出場を断念した。

 昨年12月のトヨタ・クラブW杯で左すねを骨折。大会までの回復が困難となり、デルボスケ監督に断念の意向を伝え、ツイッターで「大会に向けて100%の状態にすることができなかった」と明かした。ビジャは08年欧州選手権、10年W杯でいずれも得点王に輝いて優勝に貢献。同代表で歴代最多の51得点を記録している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月24日のニュース