小倉会長 長友のインテル移籍で「すごい評価」

[ 2011年2月1日 18:47 ]

 日本サッカー協会の小倉純二会長は1日、訪問先のスイスから成田空港に帰国し、日本代表DF長友佑都がイタリア1部リーグ、インテル・ミラノに移籍して「すごい評価だね。今回のアジア・カップは注目度が高かったし、アジアのマーケットが広がったのでは」と話した。

 カタールで行われたアジア杯を観戦した小倉会長はその後、U―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)組織委員会でスイスを訪れていた。カタール開催の2022年W杯は冬季開催案が一部で出ているが、小倉会長は「気温が良かった。練習場も試合会場もピッチ状態がよく、この時期はいいのかもしれない」と私見を述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月1日のニュース