名古屋2連覇へ始動「信じて戦う」と指揮官

[ 2011年2月1日 18:29 ]

 Jリーグ1部(J1)で2連覇を目指す名古屋が1日、豊田市のトヨタスポーツセンターで全体練習を開始し、王者として迎えるシーズンへ本格的に始動した。

 午前中のミーティングでストイコビッチ監督が選手に今季のチーム方針を伝え、午後は一部を除く21選手が約1時間、ランニングやボールを使ったトレーニングなど軽いメニューをこなした。

 今季はリーグ連覇のほか、2年ぶりに出場するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でタイトル獲得に挑む。ストイコビッチ監督は「一つのチャレンジになる。タイトルを取りにいくのは難しいが、タイトルを守るのも難しい。強く信じて皆で戦っていけば優勝できる」と引き締まった表情で話した。

 主将は昨季に引き続きGK楢崎正剛が務める。34歳のベテランは「周りからの期待や重圧もあるけど、それに打ち勝って最後に喜び合えるシーズンにしたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月1日のニュース