ギリギリだった長友移籍 終了3分前に合意

[ 2011年2月1日 11:25 ]

インテル・ミラノへの移籍が決まり、報道陣の質問に答えるサッカー日本代表の長友

 長友の交渉は、冬季の移籍期限だった現地31日午後7時の3分前に合意に至ったという。

 ミラノ市内にあるクラブ事務所から長友らが出てきたのは午後8時半ごろで、代理人によると「(合意は)57分だった」と明かした。

 移籍期限の最終日は駆け込みで交渉がまとまるケースが多いが、長友も滑り込みでビッグクラブ移籍が決まった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月1日のニュース