緊張の長友「人生は一度きり チャレンジという気持ち」

[ 2011年2月1日 08:54 ]

インテル・ミラノへの移籍が決まり、報道陣の質問に答えるサッカー日本代表の長友

 電撃的にビッグクラブへの移籍が実現した長友は、少し緊張した面持ちで意気込みを述べた。

 ―今の気持ちは。

 「満足しています」

 ―自身のキャリアでどれだけ重要か。

 「本当に世界一のクラブに来ることができ、うれしい。勝負の年になるし、頑張るだけ」

 ―この日を期待していたか。

 「予測はしていなかったが、ステップアップはしたかった」

 ―インテル初の日本人選手になる。

 「これを誇りに思って活躍したい」

 ―今回の移籍の件はいつ聞いたのか。

 「きょう聞きました」

 ―大きなクラブにステップアップしたいと言っていたが、すぐに実現した。

 「本当にうれしいことで、光栄に思うが、まだまだ勝負は続く。本当に自分との勝負となる。はある」(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月1日のニュース