長友のインテル移籍金は6億7千万円か?

[ 2011年2月1日 18:41 ]

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)5連覇中で昨年4冠のインテル・ミラノは31日、日本代表DF長友佑都(24)をセリエAのチェゼーナから期限付きで獲得したと発表した。報道によると、インテルからチェゼーナに600万ユーロ(約6億7千万円)が支払われるほか、交換要員としてDFサントンが移籍する。

 インテルは昨季の欧州チャンピオンズリーグを制し、クラブワールドカップ(W杯)も優勝するなどイタリア勢で初の年間4冠を達成。日本選手が欧州王者としてシーズンを戦うクラブへ移籍するのは初となる。

 1月のアジア・カップを制した日本の中心選手で、期限ぎりぎりに電撃移籍を果たした長友への注目度は高く、地元各メディアは今冬移籍した目玉選手の1人として大きく取り上げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月1日のニュース