浦和が宮崎合宿を開始 指揮官はハードトレを示唆

[ 2011年1月24日 06:00 ]

 浦和が恒例の宮崎合宿をスタートした。アジア杯に参加中の日本代表MF柏木、DF永田、オーストラリア代表DFスピラノビッチは不在だが、ユース選手3人を加えた28人が宮崎入り。宿泊先から自転車で宮崎県総合運動公園内の練習場まで移動すると45分間、ランニング中心に汗を流した。

 ペトロヴィッチ新監督は「私には初めての宮崎。最初で最後にならないようにしたい。ハードな練習で良いチームづくりをしたい」と語っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月24日のニュース