長友 車封じへ「コンパクトな守備をしたい」

[ 2011年1月24日 06:00 ]

アジア杯 準決勝 日本―韓国

(1月25日 カタール・ドーハ)
 日本代表DF長友佑都が韓国戦で車(チャ)ドゥリ封じの役割を担う。

 右サイドバックの車ドゥリは韓国の攻撃の起点となる存在で、韓国サッカー史上最高の選手とも言われる車範根(チャボングン)氏の実子。22日の準々決勝イラン戦でも前半26分に3人抜きから好クロスを上げるなど突破力を発揮した。

 長友は昨夏のW杯南アフリカ大会でカメルーン代表FWエトオらを抑えるなどエースキラーの異名を持つ。21日のカタール戦でもMFハミドを封じて勝利に貢献した。世界一のサイドバックを目指すと公言しているだけに「スピードでは負けられない。そこで負けたら存在価値はない」と気合十分。「韓国はフィジカルが強く素晴らしいチーム。コンパクトな守備をしたい」と大一番を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月24日のニュース