福岡 5季ぶりJ1に向け始動…新戦力に期待

[ 2011年1月24日 18:28 ]

 5季ぶりにJ1復帰する福岡が24日、福岡市内で全体練習を開始し、4季目を迎えた篠田監督は「みんないい顔でピッチに立ってくれた。自信を持って開幕を迎えられるようにしたい」と引き締まった表情で話した。

 気温が低く雪もちらつく中、ランニングやボールを使った軽い動きで1時間半ほど汗を流した。スピードのあるドリブルが持ち味でJ1磐田から新加入したMF松浦は「楽しくできた。レギュラーを勝ち取り、ゴールを貪欲に狙っていきたい」と早くも闘争心をむき出しにした。

 練習に先立ち、新体制と胸スポンサー継続が発表された。大塚社長は「スローガンは福岡力(ふくおかぢから)。みんなでチャレンジしてひと泡吹かせたい」と語った。

 新加入選手は9人。昨季はチーム最多得点を挙げたMF永里がJ1甲府へ移籍し、資金面などの影響もあって外国人選手の大型補強もなかった。2季目のMF中町に加え、松浦とともにJ1磐田から来たMF成岡らに期待がかかる。篠田監督は「(戦術面で)昨季と大きく変わることはない。目の前のゲームに集中して上位を目指す」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月24日のニュース