自身は休養なし ザック監督「韓国にとっても難しい試合」

[ 2011年1月24日 08:02 ]

韓国・イラン戦を視察するザッケローニ監督(右)

アジア杯準決勝 日本―韓国

(1月25日 カタール・ドーハ)
 韓国は22日に準々決勝イラン戦を終えたばかり。21日にカタール戦を行った日本の方が試合間隔が長く、準備に割ける時間が多いこともザッケローニ監督の決断を後押しした。
 
 指揮官は韓国―イラン戦を視察し「韓国は実力がありプレーの内容も選手の質も良い。われわれにとって難しい試合になるが、相手にとっても同じで難しい試合になるのではないか」と分析。選手には休養を与えたが、自身はスタッフを集めたミーティングを行い、韓国対策に時間を割いた。

 試合前日の24日には非公開でセットプレー確認などが行われる見通し。独自の調整法で力を蓄え、一気に戦闘モードに切り替える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月24日のニュース