マンU首位堅守!ベルバトフ今季3度目ハット

[ 2011年1月24日 06:00 ]

 イングランド・プレミアリーグ第24節の8試合が22日に行われ、マンチェスターUがバーミンガムに5―0と大勝して首位を守った。前節2位マンチェスターCはアストンビラに0―1で競り負けて3位転落。代わってFWファンペルシーのハットトリックでウィガンを下したアーセナルが2位に浮上した。

 マンチェスターUのFWベルバトフがバーミンガム戦で今季3度目のハットトリックを達成した。前半2分にCKからファーサイドに流れたボールをヘディングで押し込むと、同31分、後半8分と立て続けにゴールを決めて5―0の大勝に貢献した。チームは消化試合数が1試合少ないながらもアーセナルと勝ち点2差の首位。ベルバトフも得点王争いトップの座を守り、ファーガソン監督も「一級品のパフォーマンスだ。早い時間の先制点が大量点につながった」と手放しで喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月24日のニュース