【菊花賞】ナイママ臨戦態勢整った 武藤師「臨戦過程がとてもいい」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

追い切りを行うナイママ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ナイママはWコースで単走追い。ゴール後も手綱を押さえずに向正面まで馬なりで流した。「気持ち良さそうに走っていたし、休養明けで体重が増えていたセントライト記念(9着=12キロ増)を使って本番に向かう臨戦過程がとてもいい。使い詰めだった春からの上積みはある」と武藤師。「掛からないので長距離も大丈夫。脚質(先行)から内枠が欲しい」と語っていた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月17日のニュース