エネイブル現役続行へ「凱旋門賞は重要なターゲットになる」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

エネイブル(AP)
Photo By AP

 6日の凱旋門賞で2着に敗れ、3連覇を逃したエネイブル(牝5=英ゴスデン)が現役を続行する方針を固めた。同馬を所有するアブドゥラ殿下がレーシングマネジャーを通じて発表。今後の具体的なプランは決まっていないが「20年に向けてトレーニングを続行する。凱旋門賞は重要なターゲットになる」としている。欧州の各ブックメーカーは即座に反応。来年の凱旋門賞の優勝馬としてエネイブルに6~8倍のオッズをつけている。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2019年10月17日のニュース