【菊花賞】ヒシゲッコウ、ゴール遅れるも体調の波なし

[ 2019年10月17日 05:30 ]

追い切りを行うヒシゲッコウ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 2連勝中の上がり馬ヒシゲッコウは併せ馬の相手に最後まで追いつけず単走追いの形になった。Wコースで5馬身先行したキャンベルジュニア(7歳オープン)を追走。直線で手綱をしごいたが、2馬身遅れのゴール。上原助手は「ゴール後も負荷をかけたし、この馬なりには動けていた。いい意味で体調の波がないし、道中無駄なエネルギーを使わないように長距離向き」と語っていた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月17日のニュース