【菊花賞】カリボール中1週も攻めた 須貝師が後方待機策を示唆

[ 2019年10月17日 05:30 ]

藤井勘一郎騎手を背にCウッドで併せ馬で追い切るカリボール
Photo By 提供写真

 中1週のカリボールが意外にも攻めてきた。CWコースで藤井が騎乗し、アドマイヤレオに追走される形。直線半ばで並びかけられそうになったところで追いだされると加速し、最後は4馬身先着。須貝師は「時計が速過ぎるやろ」と苦笑いを浮かべた後、「それだけ状態がいいということかな」と自らを納得させる。距離については「やってみないと分からないけど、ゆっくり競馬をしたらいいよ」と話し、後方待機策を示唆した。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月17日のニュース