【菊花賞】最少体重Vメロディーレーンが抽選突破!72年ぶり牝馬優勝狙う

[ 2019年10月17日 14:20 ]

ダイメイサツキ(右)と追いきるメロディーレーン

 3歳牡馬3冠ロードの最終戦「菊花賞」(20日、京都)の出走馬及び枠順が17日に確定。9月28日の阪神6Rで最少体重優勝記録(338キロ)と芝2600メートルのJRAレコードを更新(2分37秒1)したメロディーレーン(牝3=森田)が3分の2の抽選を突破し、出走が可能となった。

 牝馬の菊花賞挑戦は09年ポルカマズルカ(17着)以来10年ぶり。勝てば1943年クリフジ、47年ブラウニーに続く、72年ぶり史上3頭目の偉業となる。小さな牝馬が父オルフェーヴルも制した大レースに挑む。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月17日のニュース