【富士S】ノームコア、ラスト1F11秒9 萩原師「動きは良かった」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

追い切りを行ったノームコア (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアマイル優勝後に左第1指骨剥離骨折で休養していたノームコア(牝4=萩原)が復帰する。この日はWコースで単走追い。馬なりのままラスト1F11秒9をマークした。萩原師は「ここまで順調に来たし、動きは良かった。春と比べても特に変わった点はない」とコメント。「ヴィクトリアマイルはジョッキー(レーン)がうまく乗ってくれたにせよ、強い競馬だった。今回は牡馬相手でどうかだが、好レースを期待」と語った。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月17日のニュース