【富士S】マーズ5か月ぶり実戦へ準備万端 坂路ラスト1F12秒5

[ 2019年10月17日 05:30 ]

坂路で追い切るアドマイヤマーズ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 土曜東京メイン「第22回富士S」で3歳マイル王アドマイヤマーズ(牡3=友道)が始動戦を迎える。NHKマイルCを制して以来、5カ月ぶりの実戦。先週までにしっかりと負荷をかけているので、最終追いは坂路単走でしまいを軽く促す程度。4F52秒7~1F12秒5の時計を確認した友道師は「今日は息を整える程度。春は子供って感じだったけど、古馬の風格が出てきたね。当日はプラス10キロぐらいになると思うけど、太めじゃない」と納得の笑みを浮かべた。

 マイルはG1・2勝を含め5戦5勝。皐月賞4着が示すように中距離にも対応できるタイプだが、この秋は脇目も振らずにベストディスタンスを突き進む。この後はマイルCSを見送って、香港マイル(12月8日、シャティン)に直行予定。古馬を倒し、弾みをつけて海を渡りたい。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月17日のニュース