【菊花賞】ニシノデイジー、Wコースで圧巻の動き ルメールも好感触

[ 2019年10月17日 05:30 ]

ルメールを背に追い切るニシノデイジー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ニシノデイジーが圧巻の動きを見せた。Wコースでマイネルクラース(5歳オープン)の6馬身後方を追走、直線で内から3馬身突き放した。初めて手綱を取ったルメールは「自分から加速したし、ゴール後も疲れを全く見せなかった。調教の感触では3000メートルもいけそう」と好感触。「ある程度前の位置につけたいが、長距離戦だしスタートから押していくようなことはしない。テンのスピードがなさそうなので後ろからになるかも」とレース運びをイメージしていた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月17日のニュース